できるだけ歯を削らない痛くない治療、抜かずに歯を残していく歯科

〒620-0922 京都府福知山市岩井79-8
イオン福知山店2階

月・火・木・金
10:00~14:00/15:00~19:00
 日 
10:00~18:00(昼休みなし)
  休診日 
水曜・土曜・祝日  ※祝日のある週は水曜診療

お問い合わせ・ご予約はこちらから

0773-48-9218

ドクター紹介

衣川  秀樹(きぬがわ ひでき)

資格
  • 歯科医師
経歴

2010年3月 福知山成美高校卒業、2018年3月 松本歯科大学歯学部卒業。

2018年4月 京丹後市立久美浜病院歯科口腔外科にて研修。

2019年4月 福知山まさむねデンタルクリニック勤務、2020年1月 福知山まさむねデンタルクリニック 副院長就任。2020年4月 福知山まさむねデンタルクリニック 院長就任。

モットー、診療で心がけていること
  • 患者様の立場に立って治療、説明を行うこと
  • いつも笑顔でいること
歯科医師を志した理由

歯科医療を通じて、地元福知山に貢献したいと思ったからです。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

趣味

ドライブ

医療法人鳳珠会 役員紹介

医療法人鳳珠会 会長
正井 佑典 (まさい ゆうすけ)

経歴

東北大学歯学部卒業。神戸大学医学部口腔外科、川崎病院歯科口腔外科。

開業歯科医院にて、副院長や分院長として勤務を経て、みちのく政宗デンタルクリニック本院を秋田県大仙市にて院長として開院。

2010年1月4日みちのく政宗デンタルクリニック新庄診療所を開院、2010年5月15日 みちのく政宗デンタルクリニック山形診療所を開院。

2010年6月5日上記3院を管理する広域医療法人 鳳珠会を設立し、理事長に就任、2020年 会長に就任。

ごあいさつ

生まれも育ちも神戸ですが、東北が大好きな関西人です。特に東北の歴史や観光・物産が大好きで、東北人よりも詳しいと言われます。趣味はプロ野球と大相撲観戦で、阪神タイガースと朝青龍の大ファンです。

門下生の歯科医師は北海道から沖縄まで約1000人を越える。みちのく式治療法の開発者である。

医療法人 鳳珠会 副会長/歯科医師
山田 恵理 (やまだ えり)

経歴

日本歯科大学新潟歯学部卒業。東京都の開業医院にて勤務後、モーニング山まさむねデンタルクリニック院長や諏訪の森まさむねデンタルクリニックなど関西を中心に院長や広域医療法人鳳珠会副理事長を務める。

2020年9月より広域医療法人鳳珠会理事長に就任。

ごあいさつ

医療法人鳳珠会では、患者さんの立場に立ち、「できるだけ、歯を削らない、痛くない、抜かない」をモットーに治療を行っております。

私達は患者さんの困っている部分の治療だけではなく、全体的な視点からお口の問題を解決するように努めており、女性ならではの視点を活かした細やかな気配りを心がけています。

当法人ではお子さまから大人の方まで安心して治療を受けて頂けると思います。

歯とお口の健康は、全身の健康のスタート地点です。「安心して治療を任せられる歯科医院である。」と患者さんに感じていただけるようこれからもドクター、スタッフ一同研鑽を積んで参ります。

歯科治療を通じて、皆さんの健康に貢献できるよう、精一杯努力してまいりますので、どうぞ宜しくお願い致します。

医療法人 鳳珠会  理事長/歯科医師
鈴木 篤太郎 (すずき とくたろう)

経歴

東北大学歯学部卒業。東北大学歯学部病院にて勤務。また仙台市の開業医院にて、勤務医、分院長として勤務後、みちのく政宗デンタルクリニックにて勤務。
2018年9月~医療法人鳳珠会 みちのくPremiumデンタルクリニック卸町 院長、最高診療責任者を務める。
2020年9月から副理事長に就任。

所属学会
  • 日本歯内療法学会
  • 米国歯内療法学会所属
ごあいさつ

診療部門のトップとして、他の先生では難しい治療を担当したり、また診療技術指導などを通じて若手ドクター達の卒後教育にも携わっております。

私自身の専門はマイクロスコープを用いた根管治療(歯の神経・根の治療)です。この方法であれば、従来は抜かなければならなかった状態の歯でも、救える事が多くあります。私は歯科医師の使命は、「いかに天然の歯を残し、長期的に持たせる事ができるか」という事だと考えております。今まで歯科医師として仕事をしてきた中で、私が考える歯を長持ちさせる治療のポイントが2つあります。1つは治療の際にできるだけ歯を削る量を少なくすること。2つ目は、マイクロスコープなどの拡大視野で精密な治療をすることです。この2つを徹底して行う事が、その後の歯の寿命を決めるといっても過言ではありません。

患者さんが諦めない限り、歯を残すことに全力で臨みます。他院で抜歯と診断されても、歯を残す事ができる場合もあります。是非一度ご相談下さい。

医療法人 鳳珠会  副理事長/歯科医師
仲間 勇太 (なかま ゆうた)

経歴

鹿児島大学卒業。東海地方の大型法人にて勤務、
医療法人鳳珠会に勤務。

2019年12月 ブランチ大津京デンタルクリニック院長就任。

2021年9月 医療法人鳳珠会副理事長就任。

ごあいさつ

医療法人鳳珠会では、日々患者さんご自身の歯を残すことを第一としながら、歯科医師側の視点、患者さんからの視点両方を汲み取り、どの治療が患者さんにとって最適かを常に考え、ご提案させていただいています。

また、定期的なメンテナンスによって、口腔内を清潔な環境に保つことで、治療後の歯が長持ちできるようにアドバイスさせていただきます。

治療方法に関しては、様々なプランを用意していますので、患者さんがご納得いただくまで、しっかりとご説明させていただき、より良い口腔内の環境を提供させていただきます。

みちのく政宗デンタルクリニックの由来

当クリニックのホームページをご覧いただきましてありがとうございます。

医療法人 鳳珠会 会長の正井佑典です。

まず皆さんが一番気になっていらっしゃるのは、

当クリニックの名前“みちのく政宗デンタルクリニック”の由来ではないでしょうか?

私は宮城県仙台市にある東北大学で学生時代を過ごしました。

仙台と言えば、やはり伊達政宗公ですよね。

私は伊達政宗公の大ファンであり、また縁がとても深いということもあって、お名前を頂戴いたしました。

陸奥(みちのく)の覇者、伊達陸奥守政宗公との不思議な御縁を紹介いたします。

私の母校である東北大学の川内キャンパスは、政宗公の居城、青葉山城のすぐ側にあります。

また、私が6年間過ごしたアパートのすぐ近くには、政宗公をお祀りしている青葉神社がありました。

さらに私が勤めていた、高畠歯科クリニックのある山形県高畠町は、伊達家の故郷であり、政宗公のご先祖様のお墓、政宗公が幼少期より過ごした資福寺や亀岡文殊など多くの伊達家ゆかりの場所があります。

そして私の母方の苗字は、“柳生”です。そう、あの剣術で有名な、“柳生家”です。

柳生家と伊達家は非常に縁が深く、徳川三代将軍、家光を支えたのが、伊達政宗公と柳生宗矩公であることは有名なお話です。

伊達家と柳生家の交流により、仙台と柳生家も縁が深く、柳生新陰流の流れを汲む、柳生心眼流は仙台が発祥です。

そして今回の開業地“大仙市(だいせん)”は反対から読むと“せんだい”です。

そしてクリニックのすぐ近くには、『仙大橋(せんだいばし)』があります。

なんだか出来すぎですね(笑)

そういった御縁があるからだけではなく、政宗公のお人柄を、私はとても尊敬しております。

文武両道であり、バランス感覚にすぐれ、若い頃より苦難に耐え、世の平和にために自分に何ができるかを常に考え、家中の者を大切にし、領民が幸せに暮らせるよう一生涯にわたって様々な取り組みをされた方です。

私も政宗公を見習い、この東北の地で、少しでも世のお役に立てるようになりたいと、お名前を頂戴しあやからせて頂く事にしたのです。

それが“みちのく政宗デンタルクリニック”の由来です。

健診・歯石取り・歯のクリーニング・フッ素塗布などもご予約いただけます。3ヶ月先のご予約もお気軽にどうぞ。

0773-48-9218

診療時間

× ×
× ×

午前:10:00~14:00
午後:15:00~19:00
△:10:00~18:00

休診日:水曜・土曜・祝日
 ※祝日のある週は水曜診療

0773-48-9218
住所

〒620-0922
京都府福知山市岩井79-8
イオン福知山店

アクセス

荒河かしの木台駅より徒歩10分